papa-judo-manドンマイ土佐日記
嫁と2人の子供を愛し、柔道大好きな柔道家、接骨院での治療者としての日常を綴る

ホームページはこちらです

お得な情報が届くメール会員登録もよろしく

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不定期連載「魁!第三柔道部」乱取り四本目はじめ!
乱取り四本目「さりーの存在」


まのんのあまりの剣幕に
最初は悪びれる、ぴからであったが

なぜ、そこまで言われなきゃいけないのかと
逆に怒りがフツフツとわいてきた

まのんがいなくなって一番心配し、

会えた嬉しさや、安堵の気持ちも強い

ぴからだからこその怒りだった

(ぴから)
「なによ、急にいなくなって、また急に現れたと思ったら、いきなり怒りだして!」
その声はかすかに涙交じりだった・・・



道場全体が険悪なムードで覆われ、
一瞬、静まり返ったその雰囲気を
振り払ってくれたのは、
天然少女さりーだった

(北岡さりー)
「どうしたですぅ!久しぶりに会ったのに喧嘩はよくないですぅ!」

誰もが声も出せない状況の中
いきなりのタラちゃんのモノマネをするあたり天然ならではのスタンドプレーだった

意味不明のものまねだが、
さりーに救われたのも事実であった

さりーはみんなが元気がない時、悲しんでいるとき、困ったとき、
いつも意味不明な言動や行動で部内を明るくしてくれる
なくてはならない存在だ


(富士岡先生)
「まぁ、みんな言いたいことも色々あるだろうが、今日からキャプテンとなる、まのんを暖かく迎えてやってくれ!」

・・・

・・・

(部員一同)
「エーーーーーーーー!!!」
ぴからをはじめ、どの部員も驚きを隠せなかった


「先生!納得できません!」
納得がいかない、ぴからより先に
富士岡先生に詰め寄っていったのは
同じ2年生の彼女だった・・・・・



尚、この作品はフィクションであり実在する学校、企業、団体、個人とは
関係ありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひぇ~!http://blog71.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">(゜口゜#)/
2007/08/13 (月) 19:29:20 | URL | さりー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 papa-judo-manドンマイ土佐日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。