papa-judo-manドンマイ土佐日記
嫁と2人の子供を愛し、柔道大好きな柔道家、接骨院での治療者としての日常を綴る

ホームページはこちらです

お得な情報が届くメール会員登録もよろしく

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不定期連載「魁!第三柔道部」乱取り五本目はじめ!
乱取り五本目「マネージャーみさき姫子(通称みさピメ)の思い」



まのんを新キャプテンに指名した富士岡先生に
詰め寄っていったのは

他の誰でもない
マネージャーとして選手を見続けてきたみさき 姫子だった

「先生!あんまりです!今まで一生懸命になって厳しい練習にも耐えて頑張ってきた部員達を差し置いて土佐犬高校の柔道を何もわかっていないあんこさんをキャプテンにするなんて!ひどすぎます!」

みさきはみんなが苦しい練習をしているとき、何も出来ない自分に
申し訳ない気持ちでいっぱいだったが

その分、みんなの練習を必死で見て、声をかけてきた

ある意味、誰よりも部員達の気持ちを理解していたのかもしれない


富士岡先生はみさきの言葉に返すことは出来なかった
あまりに正論な意見だからだ

(まのん)
「ばっかじゃない!?キャプテンは一番強いものがやるのよ!弱いものが強いものの指示に従うの!あったりまえじゃない。それとも、あなたはあたしより強いって言うの?」

そういいながら、まのんはみさきに近づき
手を組んだままだが思い切りみさきの足を払った

受身も取れないみさきは頭をうち、うずくまったままだ・・・

「みさピメ!大丈夫?」
みさきのそばでしゃがみこんで心配する部員達。

ぴからは涙をこらえることはできなかった
「どうしちゃったの?あんこ・・・いや、マロン!2年前までのマロンはもっと優しくて、自分より他人を思いやる、そんな子だったじゃない!いつからそんなになったの?ネェ戻って!あの頃のマロンに戻ってよぉぉ!」

まのんは相変わらずの表情だ・・・

ぴからは立ち上がり抱きついた
「マローン・・・お願いだからあの頃に戻ってぇぇぇ」

まのんの頬にぴからの涙がこぼれ落ちたその時・・・・


「あーー!頭が痛いぃぃ!」


まのんは倒れこみ頭をおさえ暴れだした・・・




尚、この作品はフィクションであり実在する学校、企業、団体、個人とは
関係ありません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ええー!?
あたし、めっさ悪い人じゃないですかー(-_-)
こんなん嫌ですぅ!笑
2007/08/14 (火) 15:16:05 | URL | あんこ #wXqzg7qU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 papa-judo-manドンマイ土佐日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。